過剰な“おもてなし”!?

2014年6月に、旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」が「外国人に人気の日本のレストラン2014」を発表しました。

 

外国人が喜びそうな食べ物は、寿司・すきやき・天ぷらなどが思い浮びますが、1位となったのは、大阪ミナミの焼肉店でした。

その店は2006年の開業の「松阪牛焼肉M 法善寺横丁店」です。

開店当時は、おしゃれな高級焼肉店をコンセプトに営業していたそうですが、3年前から外国人客が増え、現在では8割近くを占めるそうです。

 

口コミ内容を確認すると、日本人の場合は、高級肉であるため、コストパフォーマンスに対する厳しい意見が多いように感じました。しかし、外国人の口コミは、とてもおいしいという意見が多いだけでなく、サービス・接客も良いという意見も多いようです。

 

では、どういったサービスや接客をしているのでしょうか。

 

まずは、英語版のホームページをスタート、更にはメニューも英語で松坂牛の説明を記載することを行ったそうです。

また、海外からの問い合わせや予約のメールにひとつひとつ丁寧に対応し、お客が店へのアクセスに困っている場合は、ホテルまで迎えに行くこともあるそうです。

 

極めつけは、食事が終わった客にその後の予定を聞き、道頓堀にある観光スポットを案内しています。グリコのネオン看板をバックに記念写真を撮影したり、バーに行ったり、休日返上で観光案内も行っているそうです。顧客と撮った写真などはFacebookに公開し、ファンを増やしています。

 

ここまでのサービスは、飲食業の域を超えていると思います。しかし、他店とのサービスの違いをここまで明確にされると、ファンになる人も多いこともうなずけます。

 

税理士業についても、顧問先とお互いにファンになり、Win-Winの関係で会計・税務・経営のアドバイスをしていくことが大事であることを再確認しました。

 

ちなみに、2位は高山市の「Center4 Hamburgers」というお店でした。

無料相談受け付けます!

お問い合わせ

相談無料!今すぐ問い合わせ 058-223-0212
[受付時間] 平日9:00〜17:00

powerd by formy(フォーミー)

岐阜でWebと言えば、株式会社リーピー!