春の訪れと倉庫整理。

ついに新年度が始まりましたね。

「今年は寒かった!」と多くの人が口にする厳しい冬が終わり、色とりどりの花が咲き乱れる華やかで明るい季節になりました。

会計事務所は、一年の最大の山場である確定申告を終え、バタバタだった日々から平穏を取り戻しつつある今日この頃です。

そんな中、先日みんなで倉庫整理を行いました。

決算の申告が終わると、お客様にお渡しした決算書や帳簿などの控えを事務所でも一定期間保管します。

実は、帳簿書類は、会社法や法人税法などで細かく保存期間が定められています。

例えば、法人の決算書や会計帳簿は9年(会社法では10年)、個人の決算書や源泉徴収簿は7年、などとなっています。

直近2~3年分は事務所の中で保管していますが、それより古い年度の分は、年度が変わるタイミングで倉庫に移動させます。

決算書に帳簿、源泉徴収簿に法定調書に業務日報…。1年分ともなると、なかなかに膨大で、ダンボールで何箱分にもなるので、けっこうな力仕事です。

新しい1年分を倉庫に入れ、保存期間が終了した分は、情報漏洩がないよう業者に直接持ち込んで処理をお願いしています。(棚卸でいう先入先出法ですね)

こうしてみんなで協力しながら倉庫をすっきり片付けて、気持ちもすっきり。

会計事務所の仕事は膨大な書類を扱いますが、荒井会計はこのような定期的な書類整理で、いつでもキレイなオフィスをキープしているんですよ☆

※写真はイメージです。

(木原)

無料相談受け付けます!

お問い合わせ

相談無料!今すぐ問い合わせ 058-223-0212
[受付時間] 平日9:00〜17:00

powerd by formy(フォーミー)

岐阜でWebと言えば、株式会社リーピー!