「5W2H」を考えよう!

5W2Hという言葉をご存知でしょうか?5W1Hは英語の授業で習った方が多いと思います。

5W2Hは5W1HにHow much(値段・価格)を加えたビジネス用語となります。これはマーケティング戦略でも使用することができます。5W2Hを次のように訳します。

  1. What=何を
  2. When=時
  3. Where=場所
  4. Who=人
  5. Why=目的
  6. How=方法
  7. How much=値段
どんな業種でも、5W2Hをマーケティング戦略の基礎とすることができます。今の業績をもっと良くしたいと考えたとき、5W2Hを変えてみましょう。
  1. 『売るモノを変える又は付加価値を変える』
  2. 『売る時間(季節)を変える』
  3. 『売る場所(位置)を変える』
  4. 『売る人(ターゲット)を変える』
  5. 『売る目的を変える』
  6. 『売る方法を変える』
  7. 『売る値段を変える』
IT社会、少子高齢化など日本の環境は日々変化しており、変化のスピードも速くなっています。企業もその変化のスピードに対応していなかければ、生き延びていけないのではないのでしょうか。是非、5W2Hを念頭に置いて会社を改めて見直してはいかがでしょうか。

(水間)

無料相談受け付けます!

お問い合わせ

相談無料!今すぐ問い合わせ 058-223-0212
[受付時間] 平日9:00〜17:00

powerd by formy(フォーミー)

岐阜でWebと言えば、株式会社リーピー!