「合同会社」を設立するメリット・デメリット

近年、合同会社の設立件数が増加しています。合同会社は平成18年5月1日の会社法の施行から設立が可能になった新しい会社の形態です。
個人事業主が法人成りするとき、真っ先に考える組織体は「株式会社」です。でも、一度立ち止まってください。そして、「合同会社」という選択肢もあるということを知ってもらいたいのです。
「株式会社」と「合同会社」はどちらも法人であるため、違いはそれほどありませんが、「合同会社」を設立する場合のメリット・デメリットを紹介します。

☆メリット
Ⅰ 株式会社より安く設立することができる
・合同会社は公証人の認証が必要ないので、認証手数料と謄本代の5万2000円はかからない
・登録免許税の最低金額が株式会社は15万円であるのに対して、合同会社は6万円であること
Ⅱ 株式会社は、原則として所有と経営が分離しているが、合同会社は、所有と経営が一致している。よって、柔軟な経営が可能となる。

★デメリット
Ⅰ 株式会社に比べ、知名度が低いこと
Ⅱ 株式会社は、証券市場で上場することができるが、上場(株式会社へ組織変更することはできる)はできない

合同会社に向いているビジネスは、大きな資本を必要としない業種です。例えば、ソフトウェア開発、デザイン、経営コンサルティングなど専門的なサービス事業です。物的資産よりも人的資産が必要な事業が合同会社に向いています。
また、会社名よりも屋号(お店の名前)のほうがビジネスの前面に出る商売は合同会社に向いています。例えば、美容院、小売店、クリーニング店、飲食店、アパート経営などです。

(水間)

無料相談受け付けます!

お問い合わせ

相談無料!今すぐ問い合わせ 058-223-0212
[受付時間] 平日9:00〜17:00

powerd by formy(フォーミー)

岐阜でWebと言えば、株式会社リーピー!