平成30年9月 ニュースレター

 

東京テレビの「カンブリア宮殿」という番組をご存知でしょうか?

その中で、最近気になった経営者がいたのでご紹介します。その方は、すかいらーく創業者の横川竟(よこかわきわむ)氏です。今は、すかいらーくの社長を辞めていますが、75歳で高倉町珈琲というカフェチェーンを立ち上げ、80歳になった今も厳しい外食業界で戦っています。

番組の中では、気になった飲食店があれば、即入店し、食事をする。ずば抜けた行動力と外食産業の研究に余念がないところをみせてくれました。また、高倉町珈琲を支える中心メンバーは60代の超ベテランのおじさんのみ。経験に裏付けされた出店計画を立てており、年齢は関係なく適材適所で活躍の場があるのだなと感じました。

座右の銘は「価値ある豊かさの創造」。横川氏は、すかいらーくをつくるとき、料理だけでなくいろいろな物をそろえて、楽しい店づくりをしようとしました。今までの概念にはない新しいものをつくるとの意味で「創造」。今までにない価値づくりで、お客に喜んでもらう楽しい店づくりのためにこの言葉が必要だったとのことです。

横川氏は、9月から日本経済新聞の「私の履歴書」という人気のコラムを連載しています。9月から1ヶ月間、横川氏の出生から現在までの半生を読めることが楽しみです。気になったら読んでみてください。きっと何か気づきが生まれると思います。

(水間)

無料相談受け付けます!

お問い合わせ

相談無料!今すぐ問い合わせ 058-223-0212
[受付時間] 平日9:00〜17:00

powerd by formy(フォーミー)

岐阜でWebと言えば、株式会社リーピー!