平成30年12月 ニュースレター①

 

宿泊税

 先日、学生時代の友人達に会いに京都に行ってきました。京都には大学卒業以来久しく行っていなかったのですが、友人と一緒に思い出の場所を巡るなどして非常に楽しい時を過ごすことができました。

その際ホテルで一泊したのですが、受付で代金とは別に200円の宿泊税の支払いをお願いします、と言われました。初めて聞く税目だったので詳しく聞いてみると京都では今年10月に導入され、ホテルに宿泊する観光客から徴収し、税収は歴史的文化財の保護に充てられるそうです。

後で調べてみると宿泊税が導入されたのは東京や大阪に次いで3番目。しかし一方で「そんな話は聞いていない」と外国人観光客から支払いを拒否されたり、課税を逃れるヤミ民宿の存在など、導入したばかりの京都でも既に多くの問題が出てきているそうです。

来年10月に増税される消費税に関しても、軽減税率など公平性の観点から多くの議論がなされています。またフランスでは各地で発生した抗議デモにより、来年施行される燃料税の引き上げの中止を発表しました。国民皆んなが納得できる信頼性の高い、公平な税制について考えさせられる旅でした。

(伊東)

無料相談受け付けます!

お問い合わせ

相談無料!今すぐ問い合わせ 058-223-0212
[受付時間] 平日9:00〜17:00

powerd by formy(フォーミー)

岐阜でWebと言えば、株式会社リーピー!