令和3年7月 ニュースレター

令和5年10月1日から、消費税の仕入税額控除の方式としてインボイス制度が導入されます。適格請求書(インボイス)を発行できるのは、「適格請求書発行事業者」に限られ、この「適格請求書発行事業者」になるためには、登録申請書を提出し、登録を受ける必要があります。

インボイス制度=適格請求書等保存方式が、いよいよ始まっていくことに対して、国も下記の特設サイトを大幅リニューアルされました。 特集インボイス制度(国税庁) https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/invoice.htm 制度の概要や、Q&A、取扱通達、申請手続きなど詳細な情報が掲載されています。

ではこのインボイス制度導入について、中小企業ではどのような準備をしておく必要があるのでしょうか。 まずは、一番大きな改正である「請求書の変更」です。 自社が発行する請求書を、下記の項目を満たす適格請求書(インボイス)仕様に変更しないといけませんので、そのためのシステムやソフト含めた準備が必要でしょう。 適格請求書発行事業者は、以下の事項が記載された請求書や納品書その他これらに類する書類を交付しなければなりません。

1.適格請求書発行事業者の氏名又は名称及び登録番号

2.取引年月日

3.取引内容(軽減税率の対象品目である旨)

4.税率ごとに区分して合計した対価の額(税抜き又は税込み)及び適用税率

5.消費税額等(端数処理は一請求書当たり、税率ごとに1回ずつ)

6.書類の交付を受ける事業者の氏名又は名称

特に、1の「登録番号」の記載が必要ですから、基本的にすべての消費税課税事業者が対応しなければならないことになります。2021年10月1日から登録制度が始まるので、登録の手続きを行う際はお気軽に担当者にご相談ください。

 

伊東

無料相談受け付けます!

お問い合わせ

相談無料!今すぐ問い合わせ 058-223-0212
[受付時間] 平日9:00〜17:00

powerd by formy(フォーミー)

岐阜でWebと言えば、株式会社リーピー!